スマホの通信制限…!どうすればいい?解決策をまとめてみた

面倒なスマホの通信制限…!みんなどうしてる?

スマホで動画やゲームをする方にとって厄介なのが「通信制限」ですよね。
通信制限にかかると日常的な使用にも大きく支障が出てしまいます。
そんな時はどのような解決方法があるのでしょうか?
解決方法をまとめてみました。

スマホの通信制限解決法1 追加データを購入する。

各スマホのキャリアには、追加の通信データを購入できるようになっています。
・使用に支障があって、すぐにでも通信制限を解除した場合
・月末が近く、比較的少ないデータ量の追加で済む場合
この方法をとる方が多いです。

ただしこのデータ量の追加は非常に高額でコストパフォーマンスも悪いです。
例えばdocomoでは1GBごとに1,000円の追加料金がかかってしまいます。

手っ取り早く通信制限を解決する方法としては有効ですが、
コストパフォーマンスの面で見ればおすすめはできない解決方法です。

 

スマホの通信制限解決法2 WiFiサービスを利用する!

最近では公共施設や電車内だけではなく、
カフェやコンビニでも無料で使えるWiFiサービスがある店舗が増えていますよね。
こういったものを利用することで通信制限中のスマホでもデータ通信を行えます。

また通信制限にかかる前にこういったWiFiサービスを利用すれば、
通信量の節約にも繋がりますよね。容量の多いデータ通信を行う際には利用すると良いでしょう。

ただしこういった無料のWiFiサービスは、
店舗によって速度が遅かったり、うまく接続できない場合もあるようです。
どうしても回線が混み合っている場合があるようですね。
しかし無料なので少々不満があっても、改善するというのは難しいようです。
またもちろんその場所に行かないと接続することができません。

一時的な解決にはなりますが、根本的な解決にはなりませんね。

スマホの通信制限解決法3 通信制限後の速度で我慢して使う!

料金がどうしてもかかるということで、そのままの速度で利用する人もいるようです。
スマホのデータ通信で制限がかかると通信速度は128kbpsとなります。

この128kbpsは通常のWEBサイトの閲覧でもかなり遅い速度になります。
動画の閲覧はもちろん、ゲームなどもできない速度です。
メールやLINEの受送信は何とかできる速度なので我慢して使うというのも手です。

ただやはり通信速度が遅いのはストレスですし、
うっかり動画を見すぎて月の始めに通信制限にかかると次月までずっと我慢することになります。

スマホの通信制限解決法4 データ通信プランを見直す

毎月のように速度制限に悩んでいる場合は、
スマホのデータ通信プランを見直しを検討しましょう。
最近では大容量のデータパックも契約プランに盛り込まれていますね。

例えばdocomoでは30GBのウルトラデータLLパックがあります。
それ以外にも20GBのウルトラデータLパックもありますね。
こういった大容量プランを使えば通信制限にかかることも少なくなります。

ただしデメリットとして大容量プランは料金が高額です。
・ウルトラデータLLパックでは月に8,000円
・ウルトラデータLパックでは月に6,000円
高額な料金がかかってしまいます。

このように高額なデータプランを使う前におすすめしたい解決方法が
WiMAXの契約です。

スマホの通信制限解決法 一番のおすすめはWiMAXの契約!

WiMAXとは端末を利用したネット接続通信サービスです。
低料金で大量のデータ通信を可能にする人気上昇中のサービスです。
特にスマホの通信制限に悩む人からは注目されていますね。

WiMAXの特徴は以下の3つです。
1、ギガ放題プランを選べば、月のデータ通信量に制限が無いこと
2、月額4,000円程度の低料金で使えること
3、端末が一つあれば、スマホ以外にパソコンやタブレットのネット通信ができること
特徴を詳しく説明していきますね。

1、ギガ放題プランを選べば、月のデータ通信量に制限が無いこと
WiMAXには月のデータ通信量が7GBまでのライトプランと
月のデータ通信量が無制限のギガ放題プランがあります。
今ではほとんどの人がギガ放題プランを選んでいます。

ギガ放題プランを選べば、通信制限を気にすることなく思いっきりネットを楽しめます。
厳密に言えば、ギガ放題プランには「3日間で10GBを超えた場合、速度制限」があるのですが、制限後の速度も1Mbpsとなり、動画やネットの閲覧はできる速度です。

また3日間で10GBはかなりの長時間ネット通信を行わなければ達しない通信量です。
キャリアで設定されているデータ通信量を大きく上回って使用できます。

2、月額4,000円程度の低料金で使えること

ほとんどのWiMAXプロバイダが月額4,000円程度で契約することができます。
この料金はキャリアでのデータプランより圧倒的にお得ですよね。
しかもデータを無制限に使えます。
安い上に、より大量のデータ通信を可能にするのがWiMAXの特徴です。

3、端末が一つあれば、スマホ以外にパソコンやタブレットのネット通信ができること

WiMAXはこの画像のような端末を利用して接続できます。

WiMAXの端末は最大20台まで同時に接続が可能です。
スマホだけではなく、パソコンやタブレットも同時に接続することができます。
この特徴を生かせば、通信をWiMAXで一本化することができます。

パソコンのネット回線を解約して、WiMAXを使ったり…
スマホの通信プランを見直して料金を節約することも可能です。

WiMAXのプロバイダを選ぶ基準は?

WiMAXには様々なプロバイダがあります。
ネットで申し込めるものや店頭で申し込めるもの…色々ありすぎて迷ってしまいます。
そんな時はどんな基準で選べば良いのでしょうか?

簡単に言えばWiMAXは月額の利用料金で選ぶべきです。
WiMAXはどのプロバイダでも同じ回線を利用するので機能には差がありません。
安いプロバイダだと通信速度が遅いといったことはないです。
なので純粋に料金が安いところで選ぶと良いでしょう。

そこで月額料金が安いプロバイダを調べてみると
月額1,380円からWiMAXを使用できるカシモWiMAXというプロバイダがありました。

カシモWiMAXについて詳しいサイトはココ

契約の初月は無料、1~2か月目は1,380円、その後も3,380円で使える業界最安級のプロバイダです。

通信制限に悩むことなく、安く快適なネット環境を手に入れたい!
そんなあなたはチェックしてみると良いでしょう。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク